2008年11月19日

進行ルートと侵入ルート


このブログを立ち上げて早1年と9ヶ月が経ちますが、一向に進歩しないのがサバゲの腕と駄文でありますが・・・・

あーどうもマサです☆

何時に無く違った立ち上がりで始まりましたがね、この写真状況化サバゲの場合チマチマ撃ち合っていても始まらないんですが、言わずと知れた神風アタックナンかもアリアリですが、ちょっとシチュエーションを違った方向で考えてみましょう。

先ず、先日参戦した方ならある程度のルートの進行方向は熟知しました、今まで色々なインドア戦を経験して来ましが、今回の
様な縦方向に直線が長めとなるシチュエーションでは銃の性能差よりも、いかに早く動くかがキーとなりましたよね、これはインドアの基本であり、ただ闇雲に撃っていても始まらないわけです。

しかも今回は2Fがあり、ワンポイント抑えられると身動きすら取れない状況に追い込まれる事もしばしば・・・
2Fによじ登った人は入れ食い状態でさぞ、日ごろのうっぷんを晴らせた事でしょう。

この上画像で轍のAさんが居る位置にSAWを配置して、弾幕を張りまくり前に、前に押し出す作戦が有効な場合。


2Fからの攻撃がヤバイ
直ぐにこの建物内部にライトを点滅しつつ弾幕を張り、建物内部両サイドへ移動して行く方法なんかもありましたが、この建物もやはり入り口でSAWを1名配置して、多少の犠牲を覚悟で、エントリー人数を多めにどんどこ前前前~と入って行かないと活路は開けません。

でもいろいろな要因が後から、後から出てくるインドアって奥が深いと久しぶりに実感。
さて皆様からの、インドア有効手段とは?突っ込みコメントカモ~ン!!


 





同じカテゴリー(protect-f)の記事画像
失敗写真から学ぶ!!
ブリーフィング
OSPREYヤー
HONMOKU GANG
骨骨班=cqb 2
骨骨班=Cqb
同じカテゴリー(protect-f)の記事
 失敗写真から学ぶ!! (2008-11-28 18:28)
 ブリーフィング (2008-11-18 21:07)
 OSPREYヤー (2008-11-16 17:55)
 HONMOKU GANG (2008-11-15 20:57)
 骨骨班=cqb 2 (2008-11-14 17:00)
 骨骨班=Cqb (2008-11-13 20:31)

Posted by masa  at 17:13 │Comments(6)protect-f

この記事へのコメント
じっくり読ませていただきました。
SAWガンナーとして反省する事しきりです。

チームのバックアップをしているつもりなのですが、いつの間にか
周りに人がいなかったり、轍の隊長さんに打ち負かされたりと
本来のポジションを全うできてないですね..

SAWガンナーとは何たるかをもう一度勉強しなおします。
Posted by エビ兄ちゃん at 2008年11月20日 10:27
2階からたっぷり食われました・・・

フィールドチェンジしても脚立で2階上がるのが面倒で(怖くて?)工場内を進んだのですが砂利山の壁の隙間から食われました!

入れ食われ放題でしたよ!(笑)

MOGURAは何よりも注意力が足りません・・・
Posted by MOGURA at 2008年11月20日 19:25
とりあえず
ガンナーは
ダッシュで脚立に向かってひたすら撃ち込み
二階に上がるのを阻止かな

一階の暗闇は
的になるだけみたい

時間がたりないと
思うのは毎度の事
Posted by ランダム at 2008年11月21日 07:50
>エビ兄ちゃん様

暖かいコメ毎度ありがとうです!

そうですね、sawガンナーは必然的にBACK UP体勢整えて、弾幕を張りマクってもらわねばならんですからね~
留まらずに、あたり構わず撃ちこんじゃった方のが得策と私は思いますが!
周りと同調して声を出し合って、相互連携とれて押し出す方法がいーんでは無いかと考えますネ。

>MOGURA様

毎度っす!!
確かにあの砂山は以外にも登ると足場悪いし、双方警戒をしていた要所でしたから攻略するのがとても、厄介でしたね!!
あの場所も先に上を取っちゃって、隙間撃ち励行すれば更に勝算が上がる
気がします。

う~んインドアの隙間攻略とは実に難しい課題だぁ~



>ランダム 様
脚立攻略が重要なポイントかもしれません、あの暗闇室内は入ると被害が拡大していた様な気がします、丁度暗いトンネルに入った時にまだ眼が慣れない状態と一緒ですからね~敵を発見した時には既に遅し・・・って感じでした。

次回は時間をたっぷり設定してゲームしてもいいですよね!!
Posted by masa at 2008年11月21日 14:59
一階突入は奥の建物から狙撃されるので厳しいかもしれません。
狙撃手は暗闇に目が慣れればスコープで一階を一望できるのに対し、
突入側は奥の建物の手前が明るいのでなかなか見つけれないかも…
地形的に狙撃手の補充をし易いのも厳しい。

一方二階は壁が硬くて兆弾が激しいので、
みんなで出鱈目に撃ち込めば人数減らせるかもしれませんw
Posted by メカは友達スパイナー at 2008年11月22日 23:08
メカは友達スパイナー 様

コメント&アドバイスありがとうございます!!

確かに1Fでの攻防としては、暗闇は避けるべき項目が理にかなっているとも
思いますね!!

また狙撃手を捕捉出来ない状況が非常に多く、明るい箇所からですとやはり
交互弾幕を張り敵を足止めさせて行く方法が有利かも。

出鱈目撃ちも何かと便利に使える有効手段ですね!!
また皆でいろいろな方法を模索するのってスゴイ楽し~いデスよね。
Posted by masa at 2008年11月23日 09:09
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。