2009年11月20日

lonesurviver


(2009 my book ~lonesurviver~)


秋を通り越していきなりの冬ですね~
そろそろダウンが恋しくなる季節の到来です。


そんな冬の夜長のお供にこれは如何でしょう?
lone surviver by marcus luttrell with patrick robinson

アフガンでの作戦の記述が述べられており、近年の特殊(シール)部隊を扱った作品については中々生々しい描写で描いております。

特にヘルウィークからBUD/Sに至るまで試験から訓練期間の過酷さを旨く記述し描いているな~と思いました。

前ですと映画「Gi ジェーン」でもあの悪名高いヘルウィークが描かれていましたが、まず女の人では貫徹出来ないと思います、ごく最近ではティスカバリーchでヘルズウィークを取材撮影し克明にあの過酷なシーンをガチで写して話題になったのが記憶に新しいですね、特にシールは潜水技術及び敵地に潜入し情報収集能力が抜群なのはご存知でしょうが、この作品ではアフガンが舞台なのでまた違った一面が判ります(特に体力面で)

また敵(タリバン)との戦闘シーンは中々読み応えがありました(これ以上は読んでね)、そしてリベラル派からは酷評でしたね、私は肉食系なのでこの手の話大好きです。

時代背景は2005年とつい昨今起きた事柄の内容です。

私は最初449ページも心が折れそうに(寝落ち)なるかな~と思いましたが意外にスイスイと入って行ける内容で〇
尚この作者シール隊員のマーカスラトレル三等曹長は2006年にブッシュ元大統領より英雄的戦闘行為から海軍十字章が授与された英雄なのです。

亜紀書房から2500円で発売中です、海豹好きは是非読んどこ!もう読んでる?







同じカテゴリー(お気に入りな一品)の記事画像
the vest~ちょいBTO風~
heavy gun rack
シュアとボールペン
もろんすか?
カスタムオリジナルBDUジャケット
ジャックバック
同じカテゴリー(お気に入りな一品)の記事
 the vest~ちょいBTO風~ (2009-07-14 14:09)
 heavy gun rack (2009-05-29 19:24)
 シュアとボールペン (2009-04-24 21:44)
 もろんすか? (2009-02-16 23:05)
 カスタムオリジナルBDUジャケット (2009-01-30 20:23)
 ジャックバック (2009-01-03 03:44)

Posted by masa  at 10:00 │Comments(4)お気に入りな一品

この記事へのコメント
こんにちは~
マーカス・ラトレル曹長のレッドウィング作戦
参加時の話は例のSEALS(バフマンヤール/クリス・オスマン共著)
の日本語版で簡単ながら知りました。
あの過酷な状態で冷静でいられるのもすごいですね~

関係無いですが同じ本に出てくるKSK(ドイツ陸軍特殊部隊)が
なかなかカッコイイみたいですね!
SASやSBSはロートルなんですかね~(悲
Posted by エビ兄ちゃん at 2009年11月20日 10:38
>>エビ兄ちゃん様


ニュースでアフガンの警察官の訓練を担当していた英軍兵5名が射殺される事件があり、まだ国を完全に統治しきれていないアフガン政府。

タリバンが未だに武装闘争をやめていない現在撤退表明を掲げている多国籍軍まだ問題山積な地域なんですね。

このlone surviverでもタリバンに手を焼くシール隊員が描かれていますがロシアも撤退したこの不毛地帯での軍事介入自体が徒労に終わらない様に願うばかりです・・・・

話それましたが、SASとSBS系の話も出してほしいですね!!
このままロートルにはさせたくないですからね~
Posted by masa at 2009年11月20日 21:19
話は変わりますが最近、
海軍魂GETSOME様やsandstryke様のブログを
見ていますが海豹装備のこだわりはすごいですね~

こういう方はいっぱいいらっしゃいますね~私はお財布的に無理ですが..
逆に情報の少ないSAS、SBSは何でもありな分お財布にやさしい?
でしょうか..
Posted by エビ兄ちゃん at 2009年11月20日 23:40
>>>エビ兄ちゃん様

海豹装備はやっぱかっこいいですよね!!

sasやSBSだとこれと言った決まりが無いので楽ですね。

来年はまた少しづつ装備を拡張していきたいと思いますのでその時はまたROYAL kNIGHTSで合わせを宜しくお願い致します。
Posted by masa at 2009年11月21日 14:39
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。